保育士 転職

保育士や幼稚園教諭が転職するために必要な情報を、現場の声も含めてリアルな状況をお届けしているサイトです。

未分類

保育士で転職したいと思ったらチェックしておくべきこと

投稿日:

現職でやり残したこと

現在働いている園でやり残したことはないですか?せっかく自分が選んだ保育園。

環境や待遇面、通いやすさなどの条件が合っているのに、何となく転職という気持ちで辞めてしまうのはもったいないですよね。

 

転職サイト

転職サイトに登録して、求人が出ている保育園をチェックしておくことも大切ですよ。

自分に合った園がないか見てみましょう。希望の条件に合うところかあるかどうか、知っておくと転職を決断したときに、すぐ動き出すことができますよね。

保育士の転職に適した時期

保育士の求人が多く出るのは、秋から冬にかけてです。ちょうど12月頃、求人情報が多く揃うといわれていますよ。

その頃なら求人情報が選べるほどありますので、希望に合った園が見つかりやすいのではないでしょうか。

適している理由

保育園も退職者が出たら、早めに人材確保に乗り出しますよね。

夏から秋に退職する人がほぼ決まるので、すぐに求人を出すでしょう。条件が良い求人は、すぐに埋まってしまいますから、1番求人が多いといわれる時期に転職活動をした方が良いのです。

 

2・3月になっても求人を出しているのは、日頃から人員不足だったり、突然の退職者が出てバタバタしていたり、あまり条件が良くなく内定者が決まらないといった状況にあるかもしれませんね。

現職の保育園を辞めやすい時期

保育園では、担当しているクラスがあると思います。4月に着任して、3月までは責任を持って担当クラスを受け持つことになりますよね。

辞めやすい時期としては、3月がちょうど区切りが良いと思います。

 

保育園ではさまざまな行事もありますし、年度途中で突然辞められることになったら、いくら複数で担当しているといっても迷惑ですよね。

そのような責任から、他の時期だととても辞めづらい状況にあると思います。

どうしても、すぐ退職したいという理由があるなら別になりますが、3月までは絶対に辞められないと考えている保育士さんが多いのは事実です。

退職意思を伝えるタイミング

退職の意思が決まったら、早めに園長先生に伝えましょう。園によっては、面談で来年の勤続意志があるかどうか聞かれるところもあります。

そうでないのなら、園も新たな求人を出したり、手続きをしたりすることがありますので、早めに伝えることが良いと思います。

 

まだ退職したい気持ちはあるけど、決まらないという人は相談してみても良いかもしれませんね。退職する意思は、園長先生だけに伝えるようにしましょう。

日頃から何でも相談できるような信頼できる先生には、個別に話して良いでしょう。

 

それ以外は、退職の意思を公にしてはいけないという園もあります。

ある程度の時期が来たら、園長先生からみんなの先生に伝えるという方針があるところもあるでしょう。

退職が決まったら、もう関係ないのではなく、最後まで責任を持って働くことが大切です。退職が決まった途端に、やる気を失う先生もいるので、最後までしっかりと勤めましょうね。

保育士の転職にオススメの転職サイト・エージェントなど

 

保育士バンク

キャリアコンサルタントが親身になって対応してくれると評判なのが保育士バンクです。ネットの保育士転職サイトランキングでも上位にランクインしていますよ。

どこのサイトも丁寧に対応してくれます。

 

しかし保育士バンクのコンサルタントは、転職が決まりサイトを退会したいと連絡したときに「勤務条件をよく確認してくださいね」「頑張ってくださいね」などと連絡をくれたとの口コミが多数ありました。

まさに、コンサルタントと2人3脚で転職を進めていくというサイトだと人気がありますよ。

 

また求人の多さも魅力のようです。

希望の条件を出すと、条件に合いそうな求人を多く教えてくれるのです。選択肢が多いというのは嬉しいですよね。

保育士コンシェル

専属のコンシェルジュが担当してくれます。まず細かな希望条件を聞いてくれ、条件に合いそうな園の求人情報を教えてくれるのです。

園とのやり取りは、すべてコンシェルジュが行ってくれるので、働きながらでも簡単に転職活動ができることが魅力です。

 

また直接、園見学や面接を行ったあとに、自分が合わないなと感じたらコンシェルジュに伝えるだけで、お断りを入れてくれます。

条件に合った園が見つかるまで、とことんお世話をしてくれるようなとても面倒見が良いサイトだと思います。

保育ひろば

保育ひろばも転職サイトランキングに登場するサイトです。このサイトも丁寧でこまめな連絡をくれるので、安心感があります。

園を紹介してくれるときも保育園・幼稚園・認定こども園などとバラエティに富んだ情報を提供してくれ、まだ希望の条件が具体的に決まってない人も相談することができますよ。

まとめ

何となく転職したいなと思ったら、何で転職したいのかを考えてみると良いでしょう。

転職したからといって、その理由が解決しない場合だってあります。早々と転職を決めてしまうと、後々後悔することになることだってありますよ。

 

転職サイトを確認するのも良いですが、登録するのは転職を決断してからでも遅くありません。

丁寧な対応であなたに合った園が見つかるまで付き合ってくれるので、安心して転職することができるでしょう。

-未分類

Copyright© 保育士 転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.