保育士や幼稚園教諭が転職するために必要な情報を、現場の声も含めてリアルな状況をお届けしているサイトです。

保育士 転職

未分類

幼稚園教諭の1日の仕事

投稿日:

幼稚園によって仕事内容等は若干異なると思いますが、大まかに幼稚園教諭の1日の仕事について紹介します。

朝の業務

出勤時間は交代で早番、遅番、バスの乗務があります。早番の場合幼稚園の鍵を開けて、夏なら冷房をつけたり窓を開けたりします。

冬であれば暖房をつけたりして園児を迎える準備を.します。その後職員室で保護者からの欠席等の連絡を受けられるように職員室で待機します。

 

バス乗務担当の職員が出勤します。欠席者を確認してバスに乗務します。定刻通りに出発できるよう気を付けます。バスに乗ってくる園児の健康状態を確認しながら園児をお預かりします。安全に留意しながら幼稚園に戻ります。走行中座席を立ってしまたり、窓があいていると手や顔を出してしまう場合もあるので注意しましょう。

その他の職員が出勤します。園庭の清掃、遊具に危険がないか、放射線の測定などを行います。送迎の園児を迎えます。

園児たちは所持品の始末をしてから自由遊びをします。保育士は一緒に遊んだりしながら園児たちの健康状態の確認をします。

 

保育

10時くらいまでには全園児が登園します。各クラス、片づけをし、トイレを.促します。朝のお集まりを始めます。歌を歌ったり、朝の挨拶、呼名をしたり欠席の確認をします。

その日の主活動を行います。製作、体操、英会話、リトミック、運動会やお遊戯会前はその練習をします。その日の主活動は.子供たちの興味等であらかじめ担任が日案や週案をたてておきます。天気が良ければ主活動の後、園庭遊びをします。異年齢の子供たちと触れ合う機会が多いので保育室とは異なる対応が必要になります。自分よりも小さい子の面倒をみたり、優しく接していたりと異年齢保育ならではの子供たちの様子が見られます。転倒等でけがをした場合、処置をして、処置をしたことを保護者に必ず伝えましょう。

園庭を片づけ、手洗い、うがいをしてから給食、もしくはお弁当の用意をします。昼食の時間は食育の時間です。どんな食材から今日のメニューができているか話したり、苦手な食材にも少しずつチャレンジするよう声掛けをしたり、促すことが大切です。

 

また食事中の.マナーについても指導していくことが大切です。毎日の積み重ねなので毎日根気強く指導していきましょう。食後は片づけが終わった園児から絵本を読んでまだ食べ終わっていない園児を待ちます。「ごちそうさまでした。」をしてから、はみがきをします。

園児が歯磨きをしている間、保育士は保育室の掃き掃除をします。食べこぼしがありますので短時間できれいに掃除しましょう。時間のある時は園児と一緒に保育室を水拭きします。ここで雑巾の洗い方、絞り方を指導します。水拭きの後は、床が滑りやすくなっているので園児が転ばないよう声掛けすることを忘れないでします。

トイレを促してからお帰りの用意をします。忘れ物をしないように声掛けをしながら支度を促します。園児たちが集まったら、帰りのお集まりをします。

手遊び、絵本の読み聞かせや1日の振り返りをしたり翌日の持ち物、予定等を話、翌日の保育に期待を持たせます。「さようなら」をして降園となります。降園時服装の乱れがないか確認してから降園です。

降園後

預かり保育担当の保育士は預かり保育の園児を集めて出欠を確認します。縦割り保育なので注意を払いながら保育室や園庭で遊んで過ごします。15時にはおやつも出ます。

バス乗務担当の職員は安全に留意してバスに園児をのせます。疲れてバスの中で眠ってしまう園児もいるので注意しましょう。遅いバスの園児は集まって遊んで待っています。

送迎の園児は人数確認をしてから降園です。

その他の職員は保育室、廊下、トイレ等の.清掃を手分けして行います。

バス乗務担当の職員が幼稚園に戻り次第、職員会議を行います。園児たちの情報交換や行事の打ち合わせ、連絡事項など話し合います。

職員会議後や空いている時間に日案、週案をたてたり、伝えたいことがある保護者に電話連絡をしたりします。また製作の下準備や壁面や窓飾りを作ったりします。

また、年に数回専門知識を高めるための研修があります。幼稚園によって参加回数は異なります。

まとめ

幼稚園教諭の1日を大まかにまとめました。朝早くから夕方園児が降園するまで気が抜けないですがとてもやりがいのあるお仕事です。

出来なかったことが出来るようになったり、それが出来るようになった時の子供たちの笑顔を近くで見られることはこの仕事の魅力だと思います。

 

子供たちの成長に寄り添いながら自分自身も成長できるそんなお仕事だと思います。研修や先輩の保育をみて学ぶことがたくさんあるので面白味があります。

この仕事にゴールはないのかなと思いますが、子供たちに元気やパワーをもらいながら得るものは大きいと思っています。楽しみながら自分の好きなことが仕事にできるって幸せなことですよね。

-未分類

Copyright© 保育士 転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.